構文例

wikiはエクセルやワードなどとは違い、文字を装飾したりする際に「構文」と呼ばれる編集用文字列を使います。

 例えば、以下のような見出しを作るには、

見出し1

見出し2

見出し3

 編集画面内で

*見出し1
**見出し2
***見出し3

 と、入力します。

 ご覧いただいているように、文字の前に記号が並んでいますよね。
 このように文字を装飾する構文はいくつか定められており、それを所定の書き方に従って設けることで、文章を装飾できるのです。

 以下に、構文と表示例を数点だけ纏めます。これだけしか使えなくても、何も問題なく記事が描けます。
 最初こそ抵抗あるかもしれませんが、やってみれば簡単ですぐに出来るので、抵抗持たずに挑戦なさってください。



構文例

区切り線の上に書いてある構文を記載すると、区切り線の下のように表示されます。
                  ↓

文字サイズ

&big(){例}
&small(){例}


これは、文字の大きさを変えたい対象である「例」の文字を、
文字サイズを変える構文で囲んでいるわけです。


太字

''例''



リンク

[[トップページ]]
[[例>トップページ]]
[[文字列:http://fc2.com/]]


同wikiページ内へのリンクであれば、 [[]] の中にページタイトルを入れるだけでリンクできます。


区切り線


#hr


コメント欄を設ける

#region(close,text=コメント)
#comment()
#endregion

コメント



さらに工夫を凝らしたい方へ

ここに記述したのは、私が初心者用にチョイスしたものです。
もっと多くの構文が存在しますので、気になるからは以下のURLから参照してください。

Author ネジ抜け兎

コメント


  • 最終更新:2016-12-13 22:05:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード